はなぞくかぞくコラム

ボリューム抜群!JA天草のカスミソウ 名バイプレーヤーを主役に

2022年03月01日

熊本県 天草 あまくさ JA トルコキキョウ カスミソウ

ボリューム抜群!JA天草のカスミソウ
名バイプレーヤーを主役に

はなぞくかぞくでは、熊本県のJA天草のカスミソウを販売しております。カスミソウといえば、名脇役として昔から人気のふわふわのお花。JA天草では、白いカスミソウはもちろん、染色したカスミソウも出荷しています。今回も福島県で活動している円谷しのぶ先生にカスミソウの楽しみ方を教えていただきます。

円谷先生、今回はカスミソウが4色あります。白はどんなお花とも合いますが、ほかの色は難しく感じます。
「いつもは自宅で生け方を中心に紹介していますが、今回は生けるというより、作るという方が向いているように思います。特に染めのカスミソウはドライフラワーになっても色が残るので、その良さを生かして、思いっきりカスミソウをメインにして楽しんでみましょう」

熊本県 天草 あまくさ JA トルコキキョウ カスミソウ

熊本県 天草 あまくさ JA トルコキキョウ カスミソウ

「最初にブルーのカスミソウで、リースよりもう少し手軽な三日月型の壁掛けを作ってみました」

熊本県 天草 あまくさ JA トルコキキョウ カスミソウ

三日月型でブルーだと神秘的ですね。昔は確か、こういう形をクレッセントなんて言ってましたよね?
「そう、クレッセントと言って、アレンジメントなども作っていましたね。この壁掛けはコニファーを土台にして、ロウビキの麻紐で小さく作ったパーツを留めています」
小さなパーツをいくつも重ねて作っているんですね。

「パーツはこんな感じで、香りのいいハーブなどと合わせています。土台のコニファーがシルバーグリーンの‘ブルーアイス’なので、似た色の葉のラベンダーとカスミソウを組み合わせています。」

熊本県 天草 あまくさ JA トルコキキョウ カスミソウ

カスミソウの長さはどれくらいでカットしているのですか?
「だいたい、10〜12cm程度にカットして花の頭を揃えるようにパーツは作ります。この頭を揃えるところがポイントです。届いたカスミソウのブルーを全部使っています。最初はカスミソウだけで作ることも考えたのですが、乾燥すると花が小さくなり、全体が痩せてしまうので、ラベンダーやコニファーを合わせました。仕上げてからアイビーも差し込むように入れることで、人工的なブルーの色にナチュラルさを加味しました。そうそう先端の青い紐も草木染めで青くした麻紐をかけてみました」

円形のリースも素敵ですが、三日月もいいですね。
「リースより、雰囲気が出ますね」

熊本県 天草 あまくさ JA トルコキキョウ カスミソウ

熊本県 天草 あまくさ JA トルコキキョウ カスミソウ

熊本県 天草 あまくさ JA トルコキキョウ カスミソウ

次はピンクの華やかなカスミソウで見せていただきましょう。

熊本県 天草 あまくさ JA トルコキキョウ カスミソウ

こちらも、今回はスワッグ?というか、ガーランドですね。
「かわいいピンクですが、私の自宅だとちょっと強い色なので、トキワイチゴと合わせたガーランドにしてみました」
素朴でかわいい!トキワイチゴの蔓にカスミソウを合わせているのですか?
「そうです。トキワイチゴの長い蔓に、ロウビキの麻紐で短くカットしたカスミソウの束を巻き付けています。2本同じものを作って、中心で結んでいます。私は今回カスミソウの束をあえて上向きと下向きを混ぜて作りましたが、写真のように上から吊るして楽しむ場合は、カスミソウの束を下向きに一定にしたほうが、ドライになったときにきれいです」
それはどうしてですか?
「ドライになる前に花の首が下向きになってしまうので、花の美しい形をキープしたい場合は、上向きにしない方がいいです。この形は横に流して飾ることもできます。その場合は、花の向きはあまり気にしなくてもいいですよ」
かわいい色合わせですが、よりかわいくなるポイントはありますか?
「カスミソウは小さな花なので、蔓に合わせる束は小さくまとめた方が可憐に見えます」

熊本県 天草 あまくさ JA トルコキキョウ カスミソウ

「そうそう、スワッグといえば、黄色のカスミソウでも作ってみました」

熊本県 天草 あまくさ JA トルコキキョウ カスミソウ

わー!春らしいですね。
「ふんわり束ねたカスミソウが光と相まって綺麗ですよね。ちょっとミモザみたいな雰囲気にもなりますね。グリーンの草木染めの紐も合わせてみました。春らしい花材が庭にないので、潔く斑入りのアイビーだけ合わせてみました」
意外に黄色のカスミソウいいかも!今からの春にいいですね!

熊本県 天草 あまくさ JA トルコキキョウ カスミソウ

もうひとつ、黄色のカスミソウでも作っていただきましたね。
「ガウラの枝をご近所の方にいただいたので、ガウラの枝を束ねてカットしてその周りに茶色く紅葉したコニファーを巻き付けて固定して、短くカットしたカスミソウを挿しています。最後にアイビーをぐるりと1周巻き付けています。アレンジメントというより、オブジェですね」

これもやさしい雰囲気でいいですね。

「今回は、本当に作るという感じの作品ばかりですが、白いカスミソウもそんな風にしてみました。

熊本県 天草 あまくさ JA トルコキキョウ カスミソウ

熊本県 天草 あまくさ JA トルコキキョウ カスミソウ

アルミワイヤーで形を作り、短くカットしたカスミソウを差し込んで作ったオブジェです。壁にかけても、テーブルに置いても楽しめます」
白いカスミソウがぎゅっと詰まっていて素敵ですね。

熊本県 天草 あまくさ JA トルコキキョウ カスミソウ

「アルミワイヤーは簡単に形が作れるので、立体的な形を作り、そこにはトキワイチゴの蔓を数本入れます。その蔓の上に短くカットしたカスミソウを束で差し込んでいます。トキワイチゴの葉がカスミソウをしっかり支えてくれています」

熊本県 天草 あまくさ JA トルコキキョウ カスミソウ

なんというか、カスミソウらしさがいいですね。素朴でかわいらしい。
「束では頭を揃えていますが、全体は多少凹凸があるように作ると表情が出てきますよ。そして最後は、染めた色を生かしてちょっと遊んでみました」

熊本県 天草 あまくさ JA トルコキキョウ カスミソウ

おお!フランスの国旗!青、白、赤をカスミソウで表現したのですね。
「長方形の器に短くカットして花を並べてみました。せっかくの染めの花なので、こういった表現も向いていますよね。あと、染めのカスミソウを使うとき、色の濃い状態で楽しみたいときは、届いてすぐに飾ること。淡い色で飾りたい場合は、少し開かせてから作ると、届いた直後より、淡い色のつぼみが咲いてきて、また雰囲気が変わりますよ。そういった使い分けも楽しめますね」

円谷先生、夏には福島のカスミソウで生け方を伺いましたが、今回はまた違う楽しみ方を今ありがとうございました。次回もお楽しみに!

【教えてくれた人】
円谷しのぶ先生 福島県出身。大学卒業後、都内の花店で働きはじめたことをきっかけに花の道へ。その後、大手花店の本社教育担当やグリーンショップ担当など幅広く活躍。現在は福島県にある自宅で、庭の花を使ったレッスンやクラフト、和ハーブの教室などを開催中。
Instagramはこちら➤https://www.instagram.com/shinobu_t_2v/

text:はなぞくかぞく編集部

—————————————————————————————————–
〚商品購入ページはこちら〛

ここをクリック⇩
熊本県天草の「カスミ草」純白15本

ここをクリック⇩
熊本県天草の「カスミ草」染ピンク15本

ここをクリック⇩
熊本県天草の「カスミ草」染ラベンダー15本

ここをクリック⇩
熊本県天草の「カスミ草」染イエロー15本

ここをクリック⇩
熊本県天草の「カスミ草」ラベンダーアソート3色15本(ホワイト・ピンク・ラベンダー)

ここをクリック⇩
熊本県天草の「カスミ草」イエローアソート3色15本 (ホワイト・ピンク・イエロー)

ここをクリック⇩
熊本県天草の「トルコキキョウ」ピンク八重(開花15輪+つぼみ10輪付)

ここをクリック⇩
熊本県天草の「トルコキキョウ」純白八重のトルコキキョウ(開花15輪+つぼみ10輪付)

ここをクリック⇩
熊本県天草の「トルコキキョウ」パステルブルー(開花15輪+つぼみ10輪付)

enjoy flower!