はなぞくかぞくコラム

キュートな花の定番、ガーベラのいつもと違う楽しみ方 Part1

2021年10月12日

キュートな花の定番、ガーベラのいつもと違う楽しみ方 Part1

はなぞくかぞくでは、長崎県雲仙市のフラワーガーデン寺尾さんのガーベラを販売しています。

ガーベラは、ほぼ一年中あり、花色も豊富。その上、近頃は花びらにカールがあるような個性的な品種もあります。寺尾さんのガーベラはたくさんの色のミックスで、はなぞくかぞくから届きます。ガーベラだけで、しかもたくさんの色の花が届いたら、どんな飾り方がいいのか、今回も福島県で活動をしている円谷しのぶ先生に教えていただきましょう。

ガーベラ 長崎県 雲仙市 寺尾祐輔 フラワーガーデン寺尾 フラワーハウススリール スカビオサ はなぞくかぞく

「ガーベラが届いて、箱から出して、頭を揃えてカットして花瓶に生けたところです。シンプルにこんな風に生けるには、口が広すぎず、狭すぎない器が合いますね。夏の暑い時期だと茎が密集する生け方だと、難しいでしょうけれど、これからの季節なら水を浅めに生ければ長く楽しめますよ。しっかり水を吸うと、ガーベラの花の表情が到着した時と変わってきますよ。たくさんの色をカラーパレットのように合わせてもガーベラはかわいらしいですね」。
シンプルですが、素敵ですね。このままでも十分。
「花が愛らしいので、シンプルな生け方でも十分ですよね。今回は、花色が多いので
たくさんの色で合わせた飾り方から紹介しましょう」

ガーベラ 長崎県 雲仙市 寺尾祐輔 フラワーガーデン寺尾 フラワーハウススリール スカビオサ はなぞくかぞく

「グラスのように口が広い器の縁を生かして、1本ずつ生けていきました。どの場所からも見ても、花が見えるので、ダイニングテーブルの中央に飾ることもできますよ。難しいテクニックは必要ありませんが、花が開いてくるので、隣の花びらとぶつからないようにして、少しだけ高低差を出しながら、好みの色合いで並べてみましょう」。
こちらもガーベラらしい生け方ですね。短くカットしてもかわいい!
「ガーベラらしい感じですよね。中央に空間があるので、そこに他のお花を入れて飾ってもいいですよ。ガーベラは1本でもかわいい花ですが、ガーベラだけだと、個性的な生け方がしにくい花です。でも茎もスッとしていて綺麗なので、茎を生かした飾り方も紹介しますね」

ガーベラ 長崎県 雲仙市 寺尾祐輔 フラワーガーデン寺尾 フラワーハウススリール スカビオサ はなぞくかぞく

おお!ちょっとユニークな飾り方ですね。
「この生け方はピンクッションという生け方で、針山という意味があります。ガーベラを使った昔からある飾り方です。最初に針山のようにした部分のこんもりしたところを生けて、長いガーベラを後から生けています。通常だと、フローラルフォームを器にセットして作るのですが、今回はフロッグ(花留め)を器に仕込んで、茎を固定しています。こちらもダイニングテーブルなどの四方からの目線がある場所におすすめです。コツは下の花をぎゅっと集めることですね。そうすると締まりが出ます。上の花は高さを自由にしてもまとまります」。
ガーベラがたくさんある時だからこそ、できる生け方ですね。

ガーベラ 長崎県 雲仙市 寺尾祐輔 フラワーガーデン寺尾 フラワーハウススリール スカビオサ はなぞくかぞく

「ダイニングテーブルに飾るといえば、一つの花瓶にこだわらずに、複数の器に生けてそれを並べるのもいいですよ。テクニック要らずの飾り方です。手持ちのグラスに高低差をつけながら、1、2本ずつ生けています。窓際などにもおすすめです。飾るときに、器の下にコースターなどを置いて飾ると、空間としての完成度は上がりますよ!今回はお友達が作った顔モチーフのコースターに飾ってみました」
ガーベラが歌っているかのような雰囲気で楽しげですね。

ガーベラ 長崎県 雲仙市 寺尾祐輔 フラワーガーデン寺尾 フラワーハウススリール スカビオサ はなぞくかぞく

「簡単でも素敵ですよね。同じ感じで、高さを揃えて器を集めてみてもいいでしょう」
おお!かわいい。この飾り方だと難しくないし、花の本数もその時々に合わせて楽しめますね。

「ここまでは、寺尾さんのカラフルなガーベラたちを合わせて飾ってみましたが、次から同系色での飾り方を紹介しますね。

ガーベラ 長崎県 雲仙市 寺尾祐輔 フラワーガーデン寺尾 フラワーハウススリール スカビオサ はなぞくかぞく

ピンク系のガーベラを色の濃淡でグループ分けして、それぞれ飾ってみました。どちらも花の頭の高さを揃えて、茎を並行にして生けています。手元で束ねてからでも、器に1本ずつ生けながらでもできます。器の縁に寄りかかるように生けていくだけです」

シンプルだけれど、ガーベラの花のまとまりが存在感がありますね。
そして、同系色だとちょっとモダンな雰囲気にもなりますね。

ガーベラ 長崎県 雲仙市 寺尾祐輔 フラワーガーデン寺尾 フラワーハウススリール スカビオサ はなぞくかぞく

「次はオレンジ、赤系の秋らしい色でまとめたもの。赤系が多いので、落ち着いた雰囲気になりますね。今回は頭を揃えず、全ての花に高低差をつけて生けています。ガーベラは茎に葉がないため、茎を見せながら生けようとすると意外に難しいものです。器によっては留まりにくいのです。だから、器はこんな風に、底が広がっていて、口元はある程度狭くなっている方が本数の多くない時には生けやすいです」
この生け方はかわいいガーベラというより大人な雰囲気になりますね。

さて、次回は見せたい円谷先生のお庭の植物との合わせ方、飾り方を教えていただきましょう。お楽しみに!

【教えてくれた人】
円谷しのぶ先生 福島県出身。大学卒業後、都内の花店で働きはじめたことをきっかけに花の道へ。その後、大手花店の本社教育担当やグリーンショップ担当など幅広く活躍。現在は福島県にある自宅で、庭の花を使ったレッスンやクラフト、和ハーブの教室などを開催中。
Instagramはこちら➤https://www.instagram.com/shinobu_t_2v/

text:はなぞくかぞく編集部

—————————————————————————————————–
〚商品購入ページはこちら〛

ここをクリック⇩
バラエティ豊かなガーベラMIX15本

enjoy flower!

公式SNS

SNSで最新情報などを配信中!!

Scroll Up